女性

メーカーの特質を知ろう|3dプリンターを導入するメリット

コピー機

安定して使いたい方に最適

コピー機をリースで利用するメリットは一度に大きなお金を動かさなくて良いと言う点と保守契約が結べると言う点にあります。一括購入であれば200万円から300万円を超えるコピー機もリースであれば月数万円程度で利用が可能です。また、咄嗟のトラブルにも迅速に対応してもらえるので安心感もあります。

ウーマン

設置もメンテナンスも可能

外線や内線を区別して通話するビジネスホンを利用する場合は、保守運営も任せられるリース業者に依頼すると負担を減らせます。停電や不慮のシステムダウンがあってもすぐに復旧できるというのはリース業者を利用する大きなメリットになります。

価格で比較して選ぶ

3Dプリンタ

価格と性能の関連性

3dプリンターを選ぶ時にはメーカーごとに価格帯がかなり異なります。安い3dプリンターだけを扱っているメーカーの品質はだいたい一定で、どれを選んでもそれほど差はありません。そのため、30万円から100万円ほどの高価な3dプリンターを選ぶと使用できる樹脂の幅が広がり、積層方法が根本的に異なるプリンターも選べます。レーザーで型を取っていくものと、樹脂を積層して形作るタイプがあり、積層するもののほうが複雑な構造を作りやすいです。レーザーなどでくり抜いて作るものも良いですが、時間がかかったり、加工のズレが生じたり、印刷後の手入れが必要だったりするので積層するもののほうがシンプルに加工できます。メーカーの3dプリンターそれぞれにコンセプトが異なり、はっきりと価格に反映されています。メーカーによっては既にレーザー焼結法を導入して安く購入できる高性能な3dプリンターを扱っている場合もありますが、製造する目的のパーツによってはそこまで高度な印刷、刻印方法に頼らなくても十分な造形が実現できます。3dプリンターを選ぶ時には価格をある程度比較して、価格ごとに実現できる積層方法、刻印方法を考えて購入すると良いです。極端に高いプリンターは補充する樹脂も高くなります。50万円ほどのプリンターではレーザー刻印が多くなるため、樹脂やナイロンなどの補充でコストが大きくなります。30万円ほどのものであれば積層して造形するためメンテナンスがしやすくなるなどのメリットがあります。

オフィス

導入メリットは無限です

cadを導入するメリットは本当に無限です。設計は図面で終わりません。設計は製品の始まりであり、cadでデータ化された図面は関係各位で共有がしやすく、修正も簡単にできるためプロジェクト進行がスムーズになります。