オフィス

メーカーの特質を知ろう|3dプリンターを導入するメリット

  1. ホーム
  2. 安定して使いたい方に最適

安定して使いたい方に最適

コピー機

トラブル対応もバッチリ

オフィスで利用するコピー機を導入する上での選択肢は大きく2パターンあります。1つは購入してしまうケース、もう1つはリースで利用するケースです。家庭用コピー機の様にイニシャルコストがそこまで掛からないものであれば、購入してしまうと言う選択肢も現実的ですが、実際、オフィスで利用されるコピー機は家庭用とは比べものにならない程、大きく、費用も掛かります。自社の資産に出来ると言うメリットもありますが、本格仕様のモデルであれば本体料金だけで200万円から300万円掛かるケースもあるので、余程の大企業かキャッシュフローに余裕のある会社で無ければ購入して設置を行うと言う選択肢は現実的ではありません。その点、リースであれば毎月数万円、費用頻度が多いケースでも十万円を超える程で済ませる事が出来ると言う負担面のメリットがあります。また、リースの場合は費用負担面以外にも保守契約が結べると言うのとリースならではのメリットです。リースの場合、保守の契約も合わせて結ばれるのが一般的なので、万が一のトラブルの際も安心して利用を行う事が出来るのです。購入の場合も保守契約を結ぶ事も出来ますが、メーカーや代理店による部分があるので保守を優先したいと言う場合はリースを選択するのが賢明と言えるでしょう。この様にコピー機には購入とリース、大きく2パターンの導入方法があり、費用負担面、保守面などで違いがあります。使用頻度の多いオフィスでは保守が欠かせないものとなるので、規模の比較的大きめなオフィスではリース契約を行い、保守の恩恵と言うメリットを享受するのが良いでしょう。